test

※現在本サービスはプレオープン中です。正式オープンは9月のためコンテンツの一部は準備中、もしくは解説文章などを修正中ですが、初期コンテンツはご利用頂けます。プレオープン限定で月額1000円オフで申し込めるキャンペーン中ですのでぜひ会員登録をお願いします

リフティングのデモンストレーションやレッスンのパイオニアであり、ボールキープの基礎が学べる「ジンガ」の生みの親である土屋健二氏が長年指導を行いながら開発した個人技に特化したノウハウを余すところなくまとめた画期的なオンラインレッスンの登場!動画は各レッスンごとに前方・側面・アップ・ハイスピード映像が閲覧可能で、子供から大人まですぐに理解することができます。

また各レッスンに不明なことがあれば質問をすると土屋氏自らコメントします。双方向オンラインレッスンサービス「TOMODY」で提供される本レッスンはこれまでにない画期的なものです。


1:動画で理論・練習方を学ぶ(Input)

2:学んだスイングやドリルを実践する(Output)

3:疑問点はコーチにアドバイスをもらう(Input)

4:アドバイス通りスイングを改善する(Output)

5:仲間と情報を共有し更に理解を深める(Output)


考えずにプレイできるまで上記を繰り返してカラダにしみこませる。
 

レッスン動画例

実際のレッスン動画をみてみましょう。映像は正面・側面のノーマルスピードに加えてハイスピード映像、アップ映像を掲載、視覚的にまず理解することができます。特に子どもたちは言葉でなくまず見て覚えることが重要ですのでこれらの映像を何度もみて同じプレイができないかチャレンジしてみましょう。

各レッスンには上手く行かない時のコツやどういった場面で有効か等の土屋氏のワンポイントアドバイスも掲載されています。これらのレッスンがなんと130以上掲載!!!毎週配信されますのでまず基本からマスターしていきましょう。

レッスン動画サンプル(ボールタッチ:クロスタッチ) ノーマルスピード

ノーマルスピード 正面・側面


アップ映像

アップ映像 ノーマルスピード


ハイスピード映像

ハイスピード映像 正面と側面から


 

これまでのサッカー理論は間違っています!

1.リフティングでサッカーがうまくならない??

リフティングやってもサッカーはうまくならない。そういうコーチは非常に多いです。土屋理論の正しいリフティングを学べば間違いなくサッカーが上手くなります!
土屋理論のリフティングの基本は
  1. 体はやわらなく
  2. 全身を使って
  3. ボールは逆回転

というポイントがあります。正しいリフティングを行うことで全身でのトラップはうまくなり、またボールの芯をいつでも捉えることができます。サッカーに必要なボールタッチや体の使い方を学ぶことができるのです。
3)はボールは回転させないほうが良いという指導もありますが、土屋理論では通常のインステップのリフティングではボールが逆回転するようにします。理由はボールが無回転だとどこに飛ぶかわからないからです。逆回転だと多少ずれたとしても自分のほうに返ってきます。つまりボールを失わない、かならず自分の近いところにボールを置くことができるのです。参考までに日本で今プレーしているアンドレス・イニエスタ選手のリフティングを見てみましょう。ボールの回転に着目するとインステップで蹴った場合は逆回転しているのがよくわかるとおもいます。


2.基本はインサイド。アウトサイドを多様してはダメ

これまでのサッカーの基本として「キック、トラップの基本はインサイドで」と言われてきました。理由は接地面が多いので安定すること、パスとして安定しやすい等が言われてきましたが、土屋理論ではアウトサイドのパス・トラップが非常に重要となっています。昔ながらのコーチだとアウトサイドを多様している子供を叱ったりしていることはないでしょうか?

なぜインサイドがだめかというとインサイドキック・トラップは以下の課題があるからです。


  1. 相手に読まれやすい
  2. トラップでは自分からボールが離れやすい。アウトサイドのほうが自分に近いところにキープできる
  3. ドリブルでも自分から離れてカットされやすい

実は海外の有名選手もアウトサイドキックを多様しています。スペイン元代表で、スペイン歴代ゴール数を誇るヴィッセル神戸のビジャ選手のゴールシーンを見てみましょう。



月間ベストゴールにも選ばれたゴールですが見ていただきたいのは最初の抜けるときのタッチ以外のドリブル、フェイントはすべて左右のアウトサイドを利用しています。これによって相手に読まれず、ボールは自分から離れない・奪われない位置をキープしています。

土屋理論ではこれまでの日本のサッカー教育とは異なる点が多数ありますが、世界基準で言えばすでに標準となっていることも多数含まれています。この機会に是非基礎から土屋理論をマスターしてみてください。その成果に驚かれると思います。



あなたの講師


土屋 健二
土屋 健二

主な経歴

1963年群馬県生まれ。
イングランド、ブラジル、アルゼンチンでサッカーを学ぶ。
数々のリフティング大会で優勝をひっさげて世界各国でハーフタイムショーに出演。
1997年サッカーセミナーにてサッカーの神様・ペレ氏にも認められた、日本におけるサッカーデモンストレーターの第一人者。
CM実技指導という形でデイビットベッカムさんやSMAP中居正広さんとも共演経験を持つ。

主な受賞歴

・1995年9月 ナイキ・リフティング大会で優勝
・2010年9月 マラドーナDVD発売記念動画コンテスト最優秀賞受賞
・その他、リフティング大会で優勝多数

主な著作

「リフティング&ジンガバイブル」
「フェイントバイブル」
「ジュニアーサッカー リフティング教室」
「個人戦術バイブル」
「かんたんリフティング入門」
「Kenjis Ballzauber」(ドイツ)

カリキュラム


  はじめに必ずお読みください
利用可能まであと
日 入会後

受講コースを選ぶ